超高層マンション探訪・その3


京葉線海浜幕張駅より、徒歩8分、国際的21世紀型モデル都市として、アーバンデザイン賞や、グッドデザイン賞にも選ばれた「幕張ベイタウン」の一角に、スレンダーな超高層タワーマンションがそびえ立っています。幕張海浜公園に続く、幅20メートルのけやき並木に面した、エントランスをくぐると、リゾートホテルを彷彿とさせる、吹き抜けの開放的なロビーラウンジが、眼前に広がります。
今回は、超高層の鹿島が設計施工(売主は、三井不動産・鹿島建設ほか3社)し、2003年3月竣工した「幕張パークタワー」(地下1階・地上32階・高さ約110メートル・総戸数226戸)の探訪です。


【施設概要】

幕張パークタワーは、タウン全体の明確なゾーンニングにより、大規模マンションにありがちな、店舗住居混在の複合用途型とはせず、居住者のためだけの、クオリティーの高い居住性を追求しています。(ショッピングゾーンは、北隣に大型商業施設「幕張ベイタウンプラザ」がある)
まず、2層吹き抜けの大空間を誇るロビーラウンジに隣接して、キッズパラダイスと名づけられたキッズスペースとラウンジライブラリーがあります。また、低層階の居住者や来訪者に、タワー上階から望む魅力的な眺望を満喫してもらう(東京湾を眼下に一望でき、富士山も遠望できる)ために、13階と23階の中層階には、ゲストルーム。最上階の32階には、2層吹き抜けのスカイビューラウンジが設けられています。


【架構形式】

建物平面形状は、一辺が30メートルの正方形で、H型のスーパーウォール(高強度コア壁)を建物中心部分に配置した「センターコア架構」としています。また、この一階から最上階まで縦に連続して構築されたスーパーウォールとその頂上部(屋上部分)に水平に配されたスーパービーム(梁せい4000ミリの高強度梁)さらに、その梁の端下部に接続するオイルダンパー(この場合は、上下の挙動追従性をもつ制震装置)・コネクティング柱(一階から最上階まで連続した柱で、ダンパー部に連結されたもの)の組み合わせによる「スーパーRCフレーム構法」の採用により、RCコア壁構法の弱点である地震などの水平過重に対する過大な応答変形を制御しています。

スーパーRCフレーム構法の挙動メカニズム
建物に地震などの水平方向の大きな外力が加わると、8ヶ所32機のオイルダンパーの伸縮により、その上に井桁状に配されたスーパービームの端部が上下挙動し、それによって、建物全体の変位(水平方向の揺れ幅)を減衰させると同時に、コア壁が負担する水平過重を低減させる。

[イメージとしては、一本の軸棒の上にバランスしたやじろべえの端部が、上下に揺れるイメージ。やじろべえ部分が、スーパービームに当たり、軸棒部分がスーパーウォールに相当する]


【骨 組】

スーパーRCフレーム構法の採用により、梁内臓型(一部長尺梁には、アンボンドPC鋼線[グリース等の防錆材注入型PC鋼線]を用いたプレストレストコンクリートを使用)の厚さ300ミリのフラットスラブ化や、スラブを支えるサポート柱(基準階で、900ミリ角)位置のフレキシビリティー、また、階高も、1階で4.80m、14〜26階が3.10m、27〜32階が3.50mという高階高を確保し、水平方向にも、高さ方向にも制約の少ない大空間フレームを実現しています。


【部材強度】

耐震構造躯体であるコア壁(部材厚1000〜1800ミリ)は、1階から6階までが、Fc60N/mm2の超高強度コンクリートと降伏点強度685N/mm2の超高強度鉄筋を使用し、それより上層階のコンクリートは、最上階層(48N/mm2)を除き、6〜8階おき毎に6N/mm2刻みで、Fc(設計基準強度)を低く設定しています。また、コア壁のH型部分の端部と交差部の内部に、円形の柱型配筋をすることによって、コア壁に水平挙動に対する靭性(ねばり)を付加しています。

※なお、柱の現場プレキャスト。梁・バルコニー・外壁等の工場プレキャスト(ただし、床スラブは、梁内臓型で、配筋が複雑なため、全面現場打ち)や、コア壁配筋の地組みなどにより、1フロア当たりの実働施工日数日という短工期を可能としています。







塾講義ファイル ◆ハード篇◆
  ■マンションの躯体は、一体何年もつの?
 ■マンションの寿命を縮める要因・その1
 ■マンションの寿命を縮める要因・その2
 ■マンションの劣化と改修・その1
 ■マンションの劣化と改修・その2
 ■マンションの劣化と改修・その3
 ■マンションの劣化と改修・その4
 ■マンションの劣化と改修・その5
 ■マンションの劣化と改修・その6
 ■マンションの耐震改修・その1
 ■マンションの耐震改修・その2
  ■高層マンションの耐震設計等に関する一考察
 ■マンションの安全は、足元から【地盤編】
 ■マンションの安全は、足元から【基礎編】
 ■高さ31m関連規制に関する考察
 ■マンションの消防設備についての考察
 ■マンションの消防設備・詳細(1)
 ■マンションの消防設備・詳細(2)
 ■シックハウス規制に関する考察・その1
 ■シックハウス規制に関する考察・その2
 ■マンションの音環境・その1[外部騒音]
 ■マンションの音環境・その2[隣戸騒音(1)]
 ■マンションの音環境・その3[隣戸騒音(2)]
 ■RC超高層マンションの変遷・その1
 ■RC超高層マンションの変遷・その2
 ■超高層マンション探訪・その1
 ■超高層マンション探訪・その2
 ■超高層マンション探訪・その3
 ■超高層マンション探訪・その4
塾講義ファイル ◆ソフト篇◆
 ■マンション訴訟の扉(1)[ペット訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(2)[床騒音訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(3)[駐車場訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(4)[防音瑕疵訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(5)[眺望瑕疵訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(6)[漏水訴訟]
 ■マンション管理費等滞納対策(1)
 ■マンション管理費等滞納対策(2) 
 ■マンション管理費等滞納対策(3) 
 ■マンション管理費等滞納対策(4)
  ■地震被害とマンションについての一考察
  ■大きな地震の後の建物チェック
  ■マンションの欠陥事例・その1
 ■既存マンションの結露対策リフォーム
 ■新築マンションの定期点検(バルコニー編)
  ■21世紀・現代「超高層マンション考」
 ■高層マンションのインテリアは?
 ■100年マンション・SIマンションって何?
 ■日本のマンションのルーツを探る
 ■中古マンションの価格はどうやって決まるの?
 ■マンションの緑化についての考察
 ■あこがれのフローリングにしたい
 ■マンション法(区分所有法)の要点を掴もう

 【その1】
 区分所有権/共用部分を利用する権利/
   共用部分の所有持分/敷地の所有権の持分

 【その2】
 区分所有者の団体/管理者の選任等/管理者の義務
  /管理規約の設定・変更・廃止/管理組合の集会

 【その3】
 管理組合法人/法人の理事・監事/法人理事の義務
 【その4】
  違反行為停止等の「裁判外請求」/違反行為停止等の
  「裁判による請求」/専有部分使用禁止の
  「裁判による請求」 /専有部分競売の「裁判による請求」

 【その5】
  マンションの復旧/大規模滅失時の買取請求権/
  罰則について

 【その6】
  マンションの建替え/売渡し請求権/再売渡し請求権
  /団地型マンションの建替え






Copyright (C) 2005 aino-mansionjuku All Rights Reserved.