シックハウス規制に関する考察・その1


近年の住宅では、科学物質を含んだ新建材の多用や省エネルギー対策による高気密住宅の発達などの社会的背景と、家に住まう人間自体の体質変化(アトピー系のアレルギー体質人口の増加)などの要因が加わり、新築住宅に引越した際に起きる頭痛・めまい・吐き気などのいわゆる「シックハウス症候群」(俗に新築病)を訴える人の割合が、年を追って増加しています。

そして、この社会問題として顕在化したシックハウスに対する行政対策が、平成15年7月1日より、ようやく建基法改正という形で実施されることになりました。建築する側からのシックハウス規制のスタートです。今回のこの規制の柱は、以下の2点です。

@クロルピリホス」と「ホルムアルデヒド」を使った(含んだ)建材の使用規制
A常時機械換気装置の設置義務化

それでは、平成15年7月1日以降、建築着工(建築確認)の新築マンションから適用されるシックハウス規制の概略を見てみることとします。


■クロルピリホスに関する規制


RCマンションの場合は、ほとんど関係ありませんが、木造住宅の土台や柱・筋交い等の地上1メートル部分までに塗られるシロアリ防蟻剤で、「クロルピリホス」は、もともと有機リン系の農薬で、人体に有毒なので、今回の規制で、居室等を有する建築物には、一切使用禁止となりました。



■ホルムアルデヒドに関する規制

ア)ホルム発散建材の使用面積規制

この規制は、新築建築物の居室内ホルム濃度を厚生労働省の指針値(0.1mg/m3[0.08ppm])以下にするために、建材のホルム発散レベルを4段階に分類し、ホルム発散レベルの高い建材ほど、使用面積を少なくさせ、また一方で、同レベルの発散量の建材の場合は、室内の強制換気回数が多いほど、使用面積を緩和するというものです。また、規制対象箇所は、建築物の居室等内に使用する内装仕上げ面材(柱・床巾木・天井回り縁・窓枠・建具の枠等の軸材は、対象外)と透過性表面仕上げ材(壁紙等)の下地材(合板等)です。
なお、ホルム発散建材としては、以下の17種類が指定されています。

●表面仕上げ材:複層フローリング/化粧合板/仕上げ用集成材/ユリア樹脂板/壁紙/仕上げ塗材
            (ユリア・メラミン・フェノール樹脂等使用のもの)等
●内装下地材:パーティクルボード(微粒子木質チップ繊維板)/MDF(中密度木質チップ繊維板)/コンパネ
          /単板積層材/下地合板/下地用集成材/断熱材(グラスウール・ロックウール)/床緩衝材
          (グラスウール・ロックウール)等
●その他:仕上げ材や下地材に使用される接着剤(ユリア・メラミン・フェノール樹脂等使用のもの)/下地塗料
       (左同)等


<建材の4分類>
@F☆        第1種建材(発散速度0.12mg/u時超)
AF☆☆       第2種建材(発散速度0.02mg超〜0.12mg/u時)
BF☆☆☆     第3種建材(発散速度0.005mg超〜0.02mg/u時)
CF☆☆☆☆    規制対象外(発散速度0.005mg/u時)

※ただし、建築物に用いられた状態で5年以上経過したものは、それぞれ1ランク上の建材とみなす。


住宅の居室等におけるホルム発散内装材等の面積規制
第1種
居室等の内装材としては、使用禁止

☆☆ 第2種
機械換気0.5回〜0.7回/時未満  床面積の0.357倍まで使用可
機械換気0.7回/時以上        床面積の0.83倍まで使用可

☆☆☆ 第3種
機械換気0.5回〜0.7回/時未満  床面積の倍まで使用可
機械換気0.7回/時以上        床面積の倍まで使用可


※ただし、室内高が2.3m超〜3.3m以下の場合は、換気回数0.7回が0.6回に緩和される。


なお、常時機械換気装置は、居住者が管理することになるので、電気代や騒音などの点から、換気装置のスイッチを切ったり、換気口(防虫網等)が目詰まりしていると、計算どおりの換気量が得られない場合が考えられますので、シックハウス規制対策マンションを検討される場合は、できるだけ、換気依存度の低い(最初からホルム発散レベルの低い建材使用)物件の方が望ましいと思われます。







塾講義ファイル ◆ハード篇◆
  ■マンションの躯体は、一体何年もつの?
 ■マンションの寿命を縮める要因・その1
 ■マンションの寿命を縮める要因・その2
 ■マンションの劣化と改修・その1
 ■マンションの劣化と改修・その2
 ■マンションの劣化と改修・その3
 ■マンションの劣化と改修・その4
 ■マンションの劣化と改修・その5
 ■マンションの劣化と改修・その6
 ■マンションの耐震改修・その1
 ■マンションの耐震改修・その2
  ■高層マンションの耐震設計等に関する一考察
 ■マンションの安全は、足元から【地盤編】
 ■マンションの安全は、足元から【基礎編】
 ■高さ31m関連規制に関する考察
 ■マンションの消防設備についての考察
 ■マンションの消防設備・詳細(1)
 ■マンションの消防設備・詳細(2)
 ■シックハウス規制に関する考察・その1
 ■シックハウス規制に関する考察・その2
 ■マンションの音環境・その1[外部騒音]
 ■マンションの音環境・その2[隣戸騒音(1)]
 ■マンションの音環境・その3[隣戸騒音(2)]
 ■RC超高層マンションの変遷・その1
 ■RC超高層マンションの変遷・その2
 ■超高層マンション探訪・その1
 ■超高層マンション探訪・その2
 ■超高層マンション探訪・その3
 ■超高層マンション探訪・その4
塾講義ファイル ◆ソフト篇◆
 ■マンション訴訟の扉(1)[ペット訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(2)[床騒音訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(3)[駐車場訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(4)[防音瑕疵訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(5)[眺望瑕疵訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(6)[漏水訴訟]
 ■マンション管理費等滞納対策(1)
 ■マンション管理費等滞納対策(2) 
 ■マンション管理費等滞納対策(3) 
 ■マンション管理費等滞納対策(4)
  ■地震被害とマンションについての一考察
  ■大きな地震の後の建物チェック
  ■マンションの欠陥事例・その1
 ■既存マンションの結露対策リフォーム
 ■新築マンションの定期点検(バルコニー編)
  ■21世紀・現代「超高層マンション考」
 ■高層マンションのインテリアは?
 ■100年マンション・SIマンションって何?
 ■日本のマンションのルーツを探る
 ■中古マンションの価格はどうやって決まるの?
 ■マンションの緑化についての考察
 ■あこがれのフローリングにしたい
 ■マンション法(区分所有法)の要点を掴もう

 【その1】
 区分所有権/共用部分を利用する権利/
   共用部分の所有持分/敷地の所有権の持分

 【その2】
 区分所有者の団体/管理者の選任等/管理者の義務
  /管理規約の設定・変更・廃止/管理組合の集会

 【その3】
 管理組合法人/法人の理事・監事/法人理事の義務
 【その4】
  違反行為停止等の「裁判外請求」/違反行為停止等の
  「裁判による請求」/専有部分使用禁止の
  「裁判による請求」 /専有部分競売の「裁判による請求」

 【その5】
  マンションの復旧/大規模滅失時の買取請求権/
  罰則について

 【その6】
  マンションの建替え/売渡し請求権/再売渡し請求権
  /団地型マンションの建替え






Copyright (C) 2005 aino-mansionjuku All Rights Reserved.