既存マンションの結露対策リフォーム


独身時代、親元で一戸建て暮らししかしたことのない人が、結婚して新居を構え、気密性の高いRCマンションに引っ越すといままでの冬の寒さが嘘のように、部屋の中が暖かいのに驚かされるものです。コンクリートは、木材に比べて熱伝導率は高い(木材の約10倍)のですが、石やレンガなどと同じように、蓄熱性が高いので、一度暖まると冷めにくい材質だからです。

特に、「
中住戸」では、上下左右を隣戸に囲まれているので、その四方の生活熱で、より暖かい環境となります。しかし、RCマンションでは、立地条件や間取り・断熱仕様等により、その暖かさと引き換え?に、一戸建て暮らしの時は、さほど気に留めていなかった「結露」に悩まされる場合があります。

角住戸・最下階住戸・最上階住戸・北側の居室等は、結露被害が特にひどく、結露によりカビの繁殖を助長し、壁クロス・押入れ納戸の衣類や寝具の汚損、はたまた衛生面等、快適な生活を長期にわたって脅かします。
通常、RC建物竣工後7〜8年(特に3年は、より顕著)は、コンクリートそのものが、余剰水分を放出するので、その間は、特に要注意です。一度結露付き?マンションに住むと、もうこの解決手段は、居住者の個人的レベルでは、どうにもならなくなります。
そこで、ここでは、結露対策の抜本的手段として、築7〜8年から15〜6年程度のマンションを前提とした「結露対策リフォーム」について、あらゆる角度から考察してみます。
 
理論上の結露抑制の基本は、
     【1】室内の各部位に
低温部分を作らない(部位表面を露点温度以上に保つ)
     【2】室内の
湿度を上げない(相対湿度が100%を超えると余分な水分が結露する)
という2つの条件に尽きます。

【1】のための具体的な工事方法としては、
      《ア》
壁面・天井面断熱工事
         A)
内断熱工法(ex.フォームポリスチレンボード等の室内天井・壁裏打ち)
         B)
外断熱工法(ex.外壁面への発泡ウレタン吹付け・押出発泡ポリスチレンのピンネッ
                      ト押え、屋上床面への断熱ブロック等の敷設)
      《イ》
開口部断熱工事
         A)
玄関ドアの改修(ex.断熱フラッシュドアへの取替え・エアタイトゴムの取り付け)
         B)
窓部の改修(ex.ペアガラス化・インナー樹脂サッシによる二重サッシ化)
      《ウ》
その他工事
         A)北側壁面や外壁面に接している収納スペースを内壁側に位置を変える。

【2】のための具体的な工事方法としては、
         A)
換気設備の追加(ex.北側居室への換気設備の新設)
         B)
間取りの変更(ex.南北の部屋の間仕切り壁を取って通し部屋にする)
         C)
内装材の変更(ex.調湿効果のある床面:コルクタイル、壁天井面:紙クロス・珪藻土
                       クロスへの変更)
            *
但し、コンクリート直貼りの場合は、コンクリートの中性化抑制の上では、通気性素材は、マイナス
          
D)室内建具の変更(ex.各部屋入口ドアを開け放ちの利く引き戸への変更・クローゼット
                        の扉を引き戸に変更)

その他、
工事以外の対処療法的結露対策としては、
         ※水回りは、常時負圧を保つ(換気扇を常時ONにしておく)
         ※同時給排気型換気扇がある場合で、屋外湿度が低い時は、それをON、屋外湿度が
           高い時はそれをOFFにして排気専用の換気扇のみON
         ※局所暖房を止めて、室内温度が均一になる床暖房等に変える
         ※背の高い家具を止める
         ※入浴後は、浴室床の水をスクイジー等でかいでおく
         ※トイレの蓋は、使用後は、常時閉めておく

以上、いろいろと結露対策について考察してきましたが、ひとつでも、あなたのお宅の結露対策のヒントになれば幸甚です。
 尚、上記リフォーム工事実施にあたっては、入居者個人ではできないもの(管理組合でやるべきもの)や、管理組合の承認・届出が必要なものもあるので、詳細は、管理規約を読むか、管理組合に確認して下さい。



※最新のマンションでは、24時間換気システムが装備されていますので、特に、新築入居後2年程度は、結露対策のみらなず、ホルムアルデヒド等のシックハウス対策の上からも、夜間や冬季でもスイッチを切らず、常時(24時間)換気システムを稼動させることをおすすめいたします。この際、各居室の換気レジスター(換気調整口)を全閉にしていると、換気効果が得られませんので、冬季でもかならず、「半開」以上にしてください。







塾講義ファイル ◆ハード篇◆
  ■マンションの躯体は、一体何年もつの?
 ■マンションの寿命を縮める要因・その1
 ■マンションの寿命を縮める要因・その2
 ■マンションの劣化と改修・その1
 ■マンションの劣化と改修・その2
 ■マンションの劣化と改修・その3
 ■マンションの劣化と改修・その4
 ■マンションの劣化と改修・その5
 ■マンションの劣化と改修・その6
 ■マンションの耐震改修・その1
 ■マンションの耐震改修・その2
  ■高層マンションの耐震設計等に関する一考察
 ■マンションの安全は、足元から【地盤編】
 ■マンションの安全は、足元から【基礎編】
 ■高さ31m関連規制に関する考察
 ■マンションの消防設備についての考察
 ■マンションの消防設備・詳細(1)
 ■マンションの消防設備・詳細(2)
 ■シックハウス規制に関する考察・その1
 ■シックハウス規制に関する考察・その2
 ■マンションの音環境・その1[外部騒音]
 ■マンションの音環境・その2[隣戸騒音(1)]
 ■マンションの音環境・その3[隣戸騒音(2)]
 ■RC超高層マンションの変遷・その1
 ■RC超高層マンションの変遷・その2
 ■超高層マンション探訪・その1
 ■超高層マンション探訪・その2
 ■超高層マンション探訪・その3
 ■超高層マンション探訪・その4
塾講義ファイル ◆ソフト篇◆
 ■マンション訴訟の扉(1)[ペット訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(2)[床騒音訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(3)[駐車場訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(4)[防音瑕疵訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(5)[眺望瑕疵訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(6)[漏水訴訟]
 ■マンション管理費等滞納対策(1)
 ■マンション管理費等滞納対策(2) 
 ■マンション管理費等滞納対策(3) 
 ■マンション管理費等滞納対策(4)
  ■地震被害とマンションについての一考察
  ■大きな地震の後の建物チェック
  ■マンションの欠陥事例・その1
 ■既存マンションの結露対策リフォーム
 ■新築マンションの定期点検(バルコニー編)
  ■21世紀・現代「超高層マンション考」
 ■高層マンションのインテリアは?
 ■100年マンション・SIマンションって何?
 ■日本のマンションのルーツを探る
 ■中古マンションの価格はどうやって決まるの?
 ■マンションの緑化についての考察
 ■あこがれのフローリングにしたい
 ■マンション法(区分所有法)の要点を掴もう

 【その1】
 区分所有権/共用部分を利用する権利/
   共用部分の所有持分/敷地の所有権の持分

 【その2】
 区分所有者の団体/管理者の選任等/管理者の義務
  /管理規約の設定・変更・廃止/管理組合の集会

 【その3】
 管理組合法人/法人の理事・監事/法人理事の義務
 【その4】
  違反行為停止等の「裁判外請求」/違反行為停止等の
  「裁判による請求」/専有部分使用禁止の
  「裁判による請求」 /専有部分競売の「裁判による請求」

 【その5】
  マンションの復旧/大規模滅失時の買取請求権/
  罰則について

 【その6】
  マンションの建替え/売渡し請求権/再売渡し請求権
  /団地型マンションの建替え






Copyright (C) 2005 aino-mansionjuku All Rights Reserved.