日本のマンションのルーツを探る


日本において、「マンション」という言葉は、いつしか英語本来の意味を離れて、邸宅型の「高級共同住宅」という意味に使われるようになりました。(英語では、マンション=戸建ての邸宅、高級分譲共同住宅=コンドミニアム)おそらく、これは、戦後の共同住宅変遷の中で、木造アパートなどの大衆型共同住宅に対して、鉄筋コンクリートの高級な共同住宅を、より差別化して販売する上で「高級な住まいをイメージさせるための転用」から端を発し、一般名詞化したものと思われます。
    ※日本で最初にマンションの名前が付けられたのは、昭和34年に信濃町で分譲された
     「アジアマンション」だと言われています。

では、日本におけるその高級な共同住宅を意味するマンション(RC造共同住宅)は、いったい何時ごろから建設され始めたのでしょうか?大衆化しつつある現在のマンションと比較して、当時のマンション(RC造共同住宅)は、社会的には、どんな存在だったのでしょうか?
今回は、マンションの草創期の時代背景と共に、日本におけるマンションのルーツを探ってみようと思います。


<賃貸RC共同住宅のルーツ>

さて、日本で本格的な鉄筋コンクリート造の共同住宅がつくられたのは、大正デモクラシーも末期のことです。5万8000人もの死者を出し、東京市全体の42%もの面積を焼失させたあの「関東大震災」の2年後、大正14年のことです。

東京御茶ノ水に、北海道大学森本教授主宰の「文化普及会」が企画した賃貸型の「お茶の水文化アパート」が建設されました。地下1階地上4階のRC造で、延べ床面積は、837坪でした。この、マンションの草分けともいえる文化アパートは、名前こそアパート(当時は、アパートという言葉が、今の大衆型共同住宅のイメージはなく、洋風のモダンな建物というイメージだった)で賃貸形式ですが、当時としては、現代の超高級分譲マンション「億ション」に匹敵するほどの豪奢なものでした。

家賃(月額)が、1部屋型50円、3部屋型200円というもので、この金額は、東京でも中産階級には、到底手の出ない高額な家賃だったといいます。それでも、住戸内は、すべて純洋式のベッド・イス・テーブル・マントルピース・電話・ガス・調理台を始め、エレベーターまでもが完備され、さらに、掃除洗濯は、専門のメイドが行なうという、その時代としては、画期的な超「憧憬仕様」が人気を博し、計画発表段階から、外国人を中心に、かなりの人が申し込みに殺到したといいます。


<分譲RC共同住宅のルーツ>

分譲マンションの第一号が着工されたのが、賃貸マンション誕生から遅れること四半世紀、昭和26年
のことでした。東京都が、地下1階地上11階の大型共同住宅を、渋谷宮益坂に建設しました。「宮益坂アパート」と名づけられたこの分譲マンションは、総戸数126戸、1階が店舗、2階〜4階がオフィス、5階〜11階が居住用という、複合用途型のいわゆる「下駄履き型マンション」でした。
分譲価格は、60万円〜110万円(当時のサラリーマンの平均年収は、30万円〜40万円程度)で、購入者のほとんどが、高級官僚や社会的地位の高い、高額所得者だったといいます。

一方、民間による、純然たる個人向け、分譲マンションの第一号は、昭和31年1月に日本信販が分譲開始した「四ツ谷コーポラス」だといわれています。
5階建て28戸と規模は小さめでしたが、住戸形式や設備など、なかなか凝ったものでした。
まず、住戸タイブが、A型とB型の2つがあり、A型は、23.3坪で上下2層のメゾネットタイプ(233万円)24戸、B型は、15.6坪の平面タイプ(156万円)4戸で、間取りや内装は、A型B型とも、水回り以外は、購入者の希望をすべて取り入れるという「フリーオーダー形式」が採用されました。

また、設備面も、エレベーターこそなかったものの、共用廊下にダストシュートアメリカ製のディスポーザーを設け、ゴミ捨ての手間を省くアイデアや、全戸に設置された電話機テレビの屋外アンテナ端子など、時代の最先端を追求したものでした。

なお、分譲主が信販会社ということもあり、マンションにおいて、月賦販売が初めて行なわれたのも、この四ツ谷コーポラスでした。購入者は、著名な会社社長や医師・大学教授などでしたが、およそ半数の人が、この月賦方式を利用したそうです。







塾講義ファイル ◆ハード篇◆
  ■マンションの躯体は、一体何年もつの?
 ■マンションの寿命を縮める要因・その1
 ■マンションの寿命を縮める要因・その2
 ■マンションの劣化と改修・その1
 ■マンションの劣化と改修・その2
 ■マンションの劣化と改修・その3
 ■マンションの劣化と改修・その4
 ■マンションの劣化と改修・その5
 ■マンションの劣化と改修・その6
 ■マンションの耐震改修・その1
 ■マンションの耐震改修・その2
  ■高層マンションの耐震設計等に関する一考察
 ■マンションの安全は、足元から【地盤編】
 ■マンションの安全は、足元から【基礎編】
 ■高さ31m関連規制に関する考察
 ■マンションの消防設備についての考察
 ■マンションの消防設備・詳細(1)
 ■マンションの消防設備・詳細(2)
 ■シックハウス規制に関する考察・その1
 ■シックハウス規制に関する考察・その2
 ■マンションの音環境・その1[外部騒音]
 ■マンションの音環境・その2[隣戸騒音(1)]
 ■マンションの音環境・その3[隣戸騒音(2)]
 ■RC超高層マンションの変遷・その1
 ■RC超高層マンションの変遷・その2
 ■超高層マンション探訪・その1
 ■超高層マンション探訪・その2
 ■超高層マンション探訪・その3
 ■超高層マンション探訪・その4
塾講義ファイル ◆ソフト篇◆
 ■マンション訴訟の扉(1)[ペット訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(2)[床騒音訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(3)[駐車場訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(4)[防音瑕疵訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(5)[眺望瑕疵訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(6)[漏水訴訟]
 ■マンション管理費等滞納対策(1)
 ■マンション管理費等滞納対策(2) 
 ■マンション管理費等滞納対策(3) 
 ■マンション管理費等滞納対策(4)
  ■地震被害とマンションについての一考察
  ■大きな地震の後の建物チェック
  ■マンションの欠陥事例・その1
 ■既存マンションの結露対策リフォーム
 ■新築マンションの定期点検(バルコニー編)
  ■21世紀・現代「超高層マンション考」
 ■高層マンションのインテリアは?
 ■100年マンション・SIマンションって何?
 ■日本のマンションのルーツを探る
 ■中古マンションの価格はどうやって決まるの?
 ■マンションの緑化についての考察
 ■あこがれのフローリングにしたい
 ■マンション法(区分所有法)の要点を掴もう

 【その1】
 区分所有権/共用部分を利用する権利/
   共用部分の所有持分/敷地の所有権の持分

 【その2】
 区分所有者の団体/管理者の選任等/管理者の義務
  /管理規約の設定・変更・廃止/管理組合の集会

 【その3】
 管理組合法人/法人の理事・監事/法人理事の義務
 【その4】
  違反行為停止等の「裁判外請求」/違反行為停止等の
  「裁判による請求」/専有部分使用禁止の
  「裁判による請求」 /専有部分競売の「裁判による請求」

 【その5】
  マンションの復旧/大規模滅失時の買取請求権/
  罰則について

 【その6】
  マンションの建替え/売渡し請求権/再売渡し請求権
  /団地型マンションの建替え






Copyright (C) 2005 aino-mansionjuku All Rights Reserved.