地震被害とマンションについての一考察


<過去の地震被害>

地震は、その発生メカニズムから、大陸プレートが、海溝に沈み込む反発力で起こる「海溝型地震」と、地表面の断層がずれて起こる「内陸型地震」があります。この2つのタイプの地震の同一震源地での発生周期は、海溝型地震で、M8.0以上の巨大地震が、およそ100年間隔、内陸型地震で、M7.0以上の大地震が、およそ1000年間隔といわれています。
また、過去100年間のM7.0以上の大地震(海溝型・内陸型併せて)をみると、1900年5月12日の宮城県北部地震(M7.0)から、2000年10月6日の鳥取県西部地震(M7.3)まで、20数回にも上ります。以下に、その過去100年間の大地震の中で、特に被害(死亡数)の大きかったものをまとめてみます。

1923年(大正12年)関東大震災    M7.9     142,807人
1927年(昭和 2年)北丹後地震    M7.1       3,769人
1933年(昭和 8年)三陸沖地震    M8.1       3,064人
1943年(昭和18年)鳥 取 地 震    M7.2        1,083人
1944年(昭和19年)東南海震災     M7.9         1,251人
1946年(昭和21年)南 海 地 震    M8.0         1,443人
1948年(昭和23年)福 井 地 震    M7.1         3,769人

1995年(平成 7年)阪神大震災     M7.2         6,435人



<阪神大震災のマンション被害>

1995年1月17日午前5時46分、北緯34.6度、東経135.0度、深さ18キロメートルを震源とするマグニチュード7.2の内陸型の大地震が発生しました。この地震による死亡者数は、上記のように、行方不明者を含めて、実に6千数百人、死因の88%が圧死、さらにその3分の1が、65才以上の高齢者でした。多くの人が、倒壊した建物の下敷きとなったのです。
一方、分譲マンションでの死亡者数は、鉄筋コンクリートという堅固な建物構造により、一部倒壊した建物も、局部倒壊に留まり、非公式ながら、十数人という推計もあります。
また、死亡の直接原因となった建物被害の総体を見ると、家屋全半壊257,890戸、家屋焼失7,465戸に上っています。分譲マンションについての建物被害は、公式の総体集計はありませんが、東京カンテイが、兵庫県の5,352棟について、現地調査を行なっています。


損壊なし・損壊軽微      4,808棟      90%
損壊あり                544棟      10%

 [損壊内訳
倒壊・大破(使用不能)           83棟       1.5%
中波(要大規模補修)          108棟       2.0%
小破(要補修)                   353棟        6.5%



<マンションでの揺れ方>

阪神大震災では、地震継続時間約10秒、揺れ方向としては、直下型地震のため、主に上下方向の突き上げるような揺れと、南北方向の揺れを強く観測しています。
阪神大震災後、震央から40キロ離れた大阪の高層マンション(15階建て)と超高層マンション(31階建て)で実施された以下のようなアンケート結果があります。


揺れの印象
短い周期の揺れ 長い周期の揺れ 振り回されて分からない
6〜15階居住者     56%     32%      24%
31階居住者     25%     25%      50%

家具の転倒
   異常なし    移動 した     転倒した
6〜15階居住者     24%       39%        37%   
31階居住者     44%     37%      19%


般に、固有周期(揺れの一往復の長さ)は、RC建物で、高さ×0.02秒と言われているので、例えば、6階と31階では、31階の方が、およそ1.5秒長く揺れていることになります。このことは、振り回されて分からないと答えている人が、6〜15階居住者が24%に対して、31階居住者は、50%にも上っていることからも伺えます。

しかし、家具の転倒状況をみると、6〜15階よりも、31階の方が逆に少ないという結果が出ています。このことから、地震時の応答加速度は、超高層階より、中高層階の方がより大きいということが推測されます。
なお、建物の高低差による固有周期の長短のほかに、地震動の周期は、地盤の硬軟にも影響される(ex.東京山の手で、約0.3秒の時、ウォーターフロントでは、約1.0秒と長い)ので、軟地盤地域のマンションの場合には、さらに長い揺れを感じることになります。








塾講義ファイル ◆ハード篇◆
  ■マンションの躯体は、一体何年もつの?
 ■マンションの寿命を縮める要因・その1
 ■マンションの寿命を縮める要因・その2
 ■マンションの劣化と改修・その1
 ■マンションの劣化と改修・その2
 ■マンションの劣化と改修・その3
 ■マンションの劣化と改修・その4
 ■マンションの劣化と改修・その5
 ■マンションの劣化と改修・その6
 ■マンションの耐震改修・その1
 ■マンションの耐震改修・その2
  ■高層マンションの耐震設計等に関する一考察
 ■マンションの安全は、足元から【地盤編】
 ■マンションの安全は、足元から【基礎編】
 ■高さ31m関連規制に関する考察
 ■マンションの消防設備についての考察
 ■マンションの消防設備・詳細(1)
 ■マンションの消防設備・詳細(2)
 ■シックハウス規制に関する考察・その1
 ■シックハウス規制に関する考察・その2
 ■マンションの音環境・その1[外部騒音]
 ■マンションの音環境・その2[隣戸騒音(1)]
 ■マンションの音環境・その3[隣戸騒音(2)]
 ■RC超高層マンションの変遷・その1
 ■RC超高層マンションの変遷・その2
 ■超高層マンション探訪・その1
 ■超高層マンション探訪・その2
 ■超高層マンション探訪・その3
 ■超高層マンション探訪・その4
塾講義ファイル ◆ソフト篇◆
 ■マンション訴訟の扉(1)[ペット訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(2)[床騒音訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(3)[駐車場訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(4)[防音瑕疵訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(5)[眺望瑕疵訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(6)[漏水訴訟]
 ■マンション管理費等滞納対策(1)
 ■マンション管理費等滞納対策(2) 
 ■マンション管理費等滞納対策(3) 
 ■マンション管理費等滞納対策(4)
  ■地震被害とマンションについての一考察
  ■大きな地震の後の建物チェック
  ■マンションの欠陥事例・その1
 ■既存マンションの結露対策リフォーム
 ■新築マンションの定期点検(バルコニー編)
  ■21世紀・現代「超高層マンション考」
 ■高層マンションのインテリアは?
 ■100年マンション・SIマンションって何?
 ■日本のマンションのルーツを探る
 ■中古マンションの価格はどうやって決まるの?
 ■マンションの緑化についての考察
 ■あこがれのフローリングにしたい
 ■マンション法(区分所有法)の要点を掴もう

 【その1】
 区分所有権/共用部分を利用する権利/
   共用部分の所有持分/敷地の所有権の持分

 【その2】
 区分所有者の団体/管理者の選任等/管理者の義務
  /管理規約の設定・変更・廃止/管理組合の集会

 【その3】
 管理組合法人/法人の理事・監事/法人理事の義務
 【その4】
  違反行為停止等の「裁判外請求」/違反行為停止等の
  「裁判による請求」/専有部分使用禁止の
  「裁判による請求」 /専有部分競売の「裁判による請求」

 【その5】
  マンションの復旧/大規模滅失時の買取請求権/
  罰則について

 【その6】
  マンションの建替え/売渡し請求権/再売渡し請求権
  /団地型マンションの建替え






Copyright (C) 2005 aino-mansionjuku All Rights Reserved.