マンション訴訟の扉(2)[フローリング騒音


都市基盤整備公団(旧住宅・都市整備公団)における、集合住宅のコンクリート床スラブ厚の時代変遷をみると、昭和30年代から昭和40年代中頃までは、標準床厚が11センチ、昭和40年代後半になり、ようやく厚さ13センチと2センチ厚くなりましたが、現在のマンションの標準スラブ厚18センチ〜20センチと比べると、当時の床厚がいかに薄いかが伺われます。

その後、昭和49年8月神奈川県平塚市で、あの衝撃的な「ピアノ殺人事件」(事件となった団地の床スラブ厚は、12センチ)が起きた為、それ以降は、床厚をさらに2センチ厚くして15センチを標準とすることに改められました。そして、この床厚は、以後平成に入るまでの間に作られた、ほとんどのマンションのスタンダード寸法でした。

さて、ご存知のように、マンションの上下階の遮音性能は、大部分がこのコンクリート床スラブの厚さにより決まるので、平成前後のフローリングブーム時に、床厚15センチ程度の居室を絨毯からフローリングへリフォームした多くのマンションでは、下階居住者との騒音トラブルが数多く発生することになりました。

そもそも、当時のマンションは、フローリングを前提とした設計になっていないので、15センチ程度のスラブ厚に、遮音性の低いフローリング材を根太貼りとした場合などは、L60を超える平均的成人では、短期的には、ぎりぎり我慢できても、長期的には、到底我慢できないレベル)遮音レベルの物件も相当数あったと推測されます。
以下に、この時期に起きた、これらフローリングリフォームに起因する訴訟事件を何件か検証してみたいと思います。


【1】平成3年東京地裁判決事例


原告請求概要

1)フローリング騒音による慰謝料の請求
2)フローリング騒音の差し止め請求(たたみ又は、絨毯への変更)

判決要旨

1)裁判所側の現場検証によると「少し気になる程度の音だった」
2)音の発生は、日常生活上避けられないものである
3)築20年以上経ったマンションであること
以上から、騒音が受忍限度を超えているとはいえないとして、原告請求棄却
※裁判所側の検証は、不十分であり、騒音被害の捉え方自体が低すぎるとの批判見解もあった。


【2】平成6年東京地裁判決事例

原告請求概要

1)フローリング騒音に起因する、不眠症・ストレス性顔面神経麻痺に対する慰謝料の請求。
2)フローリング騒音の差し止め請求

判決要旨

マンションなどの集合住宅においては、構造上音の伝播が起こりえるものであり、平均人の通常の感受性を基準に判断して、受忍限度内であれば、日常の社会生活において、一定限度の生活妨害が起きても止むを得ない。さらに、本件は、
1)騒音は、通常の生活音のみであり、しかも一定時間内に限られている
2)被告が原告から苦情を受けた後は、テーブルの下に絨毯を敷き、子供の遊具を制限などした
以上から、不法行為構成要素は認められないとして、原告請求棄却
※本件の場合の床材は、遮音材の施されていないL−60程度のものであった。


【3】平成8年東京地裁判決事例


原告請求概要

1)フローリング騒音による慰謝料の請求
2)フローリング騒音の差し止め請求(従前の絨毯貼りへの復旧)

判決要旨

1)被告は、管理組合への事前届出を怠った(管理規約違反)
2)一階用の遮音材の施されていない床材を使用した。
3)閑静な環境(井の頭公園隣接)の建物において、上階から断続的にもたらされる騒音は、平均人の通常の感受性を基準としても、受忍限度を超え、不法行為を構成する

以上から、被告に合計150万円(被告1人75万円×2人)の損害賠償責任を認めた。ただし、絨毯への復旧請求は、管理組合からのL−45への改修工事案が双方で一旦合意されたなどの理由で、棄却された。※なお、本件の床材のL値も、前事案と同様のL−60程度であった。

この平成8年の判決で、初めて上階からのフローリング騒音が、不法行為と認定されましたが、今後、上階からの騒音レベルが、どの程度(音の大きさ・頻度・継続期間等)であれば、不法行為構成要素となりえるのかについての具体的基準は、この判決においても、判然とは示されないままでした。







塾講義ファイル ◆ハード篇◆
  ■マンションの躯体は、一体何年もつの?
 ■マンションの寿命を縮める要因・その1
 ■マンションの寿命を縮める要因・その2
 ■マンションの劣化と改修・その1
 ■マンションの劣化と改修・その2
 ■マンションの劣化と改修・その3
 ■マンションの劣化と改修・その4
 ■マンションの劣化と改修・その5
 ■マンションの劣化と改修・その6
 ■マンションの耐震改修・その1
 ■マンションの耐震改修・その2
  ■高層マンションの耐震設計等に関する一考察
 ■マンションの安全は、足元から【地盤編】
 ■マンションの安全は、足元から【基礎編】
 ■高さ31m関連規制に関する考察
 ■マンションの消防設備についての考察
 ■マンションの消防設備・詳細(1)
 ■マンションの消防設備・詳細(2)
 ■シックハウス規制に関する考察・その1
 ■シックハウス規制に関する考察・その2
 ■マンションの音環境・その1[外部騒音]
 ■マンションの音環境・その2[隣戸騒音(1)]
 ■マンションの音環境・その3[隣戸騒音(2)]
 ■RC超高層マンションの変遷・その1
 ■RC超高層マンションの変遷・その2
 ■超高層マンション探訪・その1
 ■超高層マンション探訪・その2
 ■超高層マンション探訪・その3
 ■超高層マンション探訪・その4
塾講義ファイル ◆ソフト篇◆
 ■マンション訴訟の扉(1)[ペット訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(2)[床騒音訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(3)[駐車場訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(4)[防音瑕疵訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(5)[眺望瑕疵訴訟]
 ■マンション訴訟の扉(6)[漏水訴訟]
 ■マンション管理費等滞納対策(1)
 ■マンション管理費等滞納対策(2) 
 ■マンション管理費等滞納対策(3) 
 ■マンション管理費等滞納対策(4)
  ■地震被害とマンションについての一考察
  ■大きな地震の後の建物チェック
  ■マンションの欠陥事例・その1
 ■既存マンションの結露対策リフォーム
 ■新築マンションの定期点検(バルコニー編)
  ■21世紀・現代「超高層マンション考」
 ■高層マンションのインテリアは?
 ■100年マンション・SIマンションって何?
 ■日本のマンションのルーツを探る
 ■中古マンションの価格はどうやって決まるの?
 ■マンションの緑化についての考察
 ■あこがれのフローリングにしたい
 ■マンション法(区分所有法)の要点を掴もう

 【その1】
 区分所有権/共用部分を利用する権利/
   共用部分の所有持分/敷地の所有権の持分

 【その2】
 区分所有者の団体/管理者の選任等/管理者の義務
  /管理規約の設定・変更・廃止/管理組合の集会

 【その3】
 管理組合法人/法人の理事・監事/法人理事の義務
 【その4】
  違反行為停止等の「裁判外請求」/違反行為停止等の
  「裁判による請求」/専有部分使用禁止の
  「裁判による請求」 /専有部分競売の「裁判による請求」

 【その5】
  マンションの復旧/大規模滅失時の買取請求権/
  罰則について

 【その6】
  マンションの建替え/売渡し請求権/再売渡し請求権
  /団地型マンションの建替え






Copyright (C) 2006 aino-mansionjuku All Rights Reserved.